2019.05.08

焙煎って何?奥深い焙煎の世界をご紹介|【公式】珈琲館

こんにちは、コーヒーの品質にこだわり続けるカフェ「珈琲館」です。

みなさん、「焙煎」とは何かご存知ですか?

焙煎は、コーヒー豆を煎って乾燥させる作業工程のこと。

普段私たちが慣れ親しんでいるコーヒー豆は、こげ茶色をしていますが、本来のコーヒー生豆は淡い緑色をしています。生豆の状態ではコーヒーをおいしくいただけないため、焙煎する必要があるのです。

焙煎は時間や方法を変えることで、コーヒーの香りや苦味、酸味、コクなどの風味に大きく影響を与えます。安定したコーヒーの味にするためには、技術も必要。そのため、「コーヒーロースター」という生豆の仕入れから焙煎まで行う業者や、コーヒーを焙煎するための専用機器があるのです。

そんな奥深い焙煎方法には、ガスを使った「熱風式」や「直火式」、炭火を使った「炭火直火式」などがあります。

珈琲館でも、「炭火珈琲」 というメニューがあります。その名の通り、炭火焙煎のコーヒー豆を使用し、濃厚感のある味わいと香ばしい香りが特徴。炭火から発生する遠赤外線が、珈琲豆をふっくらと仕上げ、風味をより豊かにしてくれます。

珈琲館では、豆の焙煎にもこだわっておいしい珈琲を淹れています。ぜひお近くの珈琲館で、味わい深い炭火珈琲をお楽しみください。

お近くのお店はこちらからお探しください。

【店舗検索ページへ】

わたしたちは、「一杯のコーヒーに心をこめて。」このスローガンから始まりました。すべてはお客様がホッと一息つける瞬間のため。品質を落とさず、笑顔を絶やさない店づくりを続けています。

店内は広々していますので、お子様連れのお客様でも安心です。テーブルも広めにとってあります。お仕事をされる方も大歓迎です。

皆さまのお越しを、スタッフ一同お待ちしております。