2019.10.07

コーヒーポットの注ぎ口が細いのはなぜ?|【公式】珈琲館

こんにちは、コーヒーの品質にこだわり続けるカフェ「珈琲館」です。

皆さんは、ご家庭でコーヒーを淹れる時、どんなポットを使ってお湯を注いでいますか? 「やかんから」「電気ケトルから」「電動ポット」からという方も多いのではないでしょうか?

でも、プロが使う道具を見ていると、コーヒー用の注ぎ口が細いポットを使っていることがほとんど。

なぜ、わざわざ注ぎ口が細いポットを使っているのでしょうか?

その答えは、「注ぐお湯の量を一定に保てるから」。

ドリップをするときに一番大切なのが、「ゆっくり円を書くように細く注ぐこと」です。こうすることで偏りなくお湯が行き渡り、豆がふっくらと膨らむことで、コーヒーを美味しく抽出することができるのです。

丁寧に淹れられたコーヒーは味も香りも豊かで美味しく感じるもの。ご家庭でコーヒーを淹れる時も、ぜひ注ぎ口が細いコーヒー用のポットを使ってみてはいかがでしょうか? お家のコーヒーも格段に美味しくなるはずです。

全国各地にお店を展開している珈琲館は、美味しくコーヒーを飲むために、抽出方法にもこだわったカフェ。ぜひ丁寧に淹れられたコーヒーをお楽しみください。

お近くのお店はこちらからお探しください。

【店舗検索ページへ】

わたしたちは、「一杯のコーヒーに心をこめて。」このスローガンから始まりました。すべてはお客様がホッと一息つける瞬間のため。品質を落とさず、笑顔を絶やさない店づくりを続けています。

店内は広々していますので、お子様連れのお客様でも安心です。テーブルも広めにとってあります。お仕事をされる方も大歓迎です。

皆さまのお越しを、スタッフ一同お待ちしております。