2019.10.30

普通のコーヒーとどう違う?完熟コーヒーの特徴|【公式】珈琲館

こんにちは、コーヒーの品質にこだわり続けるカフェ「珈琲館」です。

すっかり秋になり、肌寒い日が続く今日この頃。仕事に追われ、気づいたら体の芯が冷えていた、という事もあるでしょう。そんな時こそおいしいホットコーヒーを飲んで、体を暖めたいものです。

コーヒー専門店として有名な珈琲館では、ホットコーヒーだけで常時何種類もの取り扱いがあり、その中に「完熟珈琲」というメニューがあります。 完熟珈琲は普通のコーヒーとどのような違いがあるのでしょうか?

完熟珈琲とは、コーヒーノキから採れる、コーヒーチェリーと呼ばれる果実の熟度が高いコーヒーのこと。コーヒーチェリーが完熟状態になると、その実は真っ赤に色づきます。この状態で取り出されたコーヒー豆は、香りの甘さや酸味の爽やかさが豊かになり、産地ごとの個性あるフレーバーが現れるのです。

珈琲館が提供する「完熟珈琲」も、豆に養分を浸透させるため、収穫時期を1ヶ月程度遅らせて収穫しています。完熟ならではの独特な甘味とほどよい酸味をお楽しみいただけることでしょう。

お近くのお店はこちらからお探しください。

【店舗検索ページへ】

わたしたちは、「一杯のコーヒーに心をこめて。」このスローガンから始まりました。すべてはお客様がホッと一息つける瞬間のため。品質を落とさず、笑顔を絶やさない店づくりを続けています。

店内は広々していますので、お子様連れのお客様でも安心です。テーブルも広めにとってあります。お仕事をされる方も大歓迎です。

皆さまのお越しを、スタッフ一同お待ちしております。