2020.03.11

初心者向け・ドリップコーヒーの淹れ方のコツ|【公式】珈琲館

こんにちは、コーヒーの品質にこだわり続けるカフェ「珈琲館」です。

皆さんは自分でコーヒーを淹れる時、どのようにコーヒーを淹れていますか?

「自分で淹れたドリップコーヒーは、お店で飲むものと比べてあまりおいしくない……」とお悩みの方は、一度初心に立ち返って、コーヒーの淹れ方を見直しましょう。

まずは基本の道具を揃えます。

・直前に豆を挽くことで新鮮な味と香りを楽しめる「コーヒーミル」

・細い注ぎ口が湯量を調節しやすい「ドリップポット」

・ドリップしたコーヒーをいれる「コーヒーサーバー」

・粉をいれる「ドリッパー」とドリッパーにセットする「フィルター」

お湯を沸かして、早速コーヒーを淹れましょう。

コーヒー豆は1杯あたり、計量スプーン1杯くらい。ミルを使ってお好みの細かさに挽きます。

コーヒー豆が粉になったら、ドリッパーにセットしたフィルターに粉を入れ、高さが均一になるようにならします。

沸いたお湯をドリップポットに入れて、最初は少しだけ、お湯が粉全体にいきわたるように静かに注ぎ、2030秒ほど待って蒸らします。挽きたての豆を使うことで、ガスが出やすくなり、ふっくらとコーヒーの粉が膨らみます。

あとは少しずつ静かにお湯を注いで、抽出する作業を繰り返せばOK。

道具がなかなか揃えられないという方は、珈琲館でも販売している、個包装の「ドリップバッグ」もおすすめです。カップ1つあれば、道具がなくても本格コーヒーをお楽しみいただけます。

お近くのお店はこちらからお探しください。

【店舗検索ページへ】

わたしたちは、「一杯のコーヒーに心をこめて。」このスローガンから始まりました。すべてはお客様がホッと一息つける瞬間のため。品質を落とさず、笑顔を絶やさない店づくりを続けています。

店内は広々していますので、お子様連れのお客様でも安心です。テーブルも広めにとってあります。お仕事をされる方も大歓迎です。

皆さまのお越しを、スタッフ一同お待ちしております。