2020.03.16

VELUDO COFFEE-KANのホットケーキは何が違う?

このコーナーでは、わたし「焙煎麗子」と博学な愛犬「すみび」が、ホットケーキや焙煎珈琲の魅力について調べ、それを皆さんにお伝えしています。

いつの時代も変わらない、普遍的なおいしさをもっとたくさんの人に知ってもらいたい。そんな気持ちで情報発信をすることにしました! 皆さんの素朴な疑問に答えます。

 

 

VELUDO COFFEE-KANのホットケーキは何が違う?

 

珈琲館でコーヒーに合うスイーツとして人気の、「トラディショナル・ホットケーキ」。ふわふわ食感と表面の香ばしい味わいは、いつの時代も私たちの心を掴んで離しません。そんな珈琲館のホットケーキですが、渋谷にあるVELUDO COFFEE-KAN(ヴェルード珈琲館)のホットケーキはひと味違うのをご存知ですか? もの知りの愛犬・すみびと、その違いについて話しました。

麗子「ねえ、VELUDO COFFEE-KANって知ってる?」

すみび「もちろんさ! 渋谷にあるセルフサービスタイプの珈琲館で、若者にも親しまれるメニューを中心に展開している人気のカフェだよ」

麗子「実はこのまえ、そのVELUDO COFFEE-KANへ行った友達から、トラディショナルホットケーキが、ひと味違っておいしかったって聞いて…….。気になってしょうがないの」

すみび「確かに、VELUDO COFFEE-KANのトラディショナルホットケーキは、珈琲館ならではのこだわりを継承しながらも、全く新しいホットケーキを提供しているね」

麗子「珈琲館のホットケーキのこだわりといえば、銅板で焼き上げていることよね?」

すみび「ああ、そうさ。12mmの厚さのホットケーキ専用銅板で、オリジナルの生地を一枚一枚丁寧に焼き上げているんだ」

麗子「じゃあ、どこが違うのかしら?」

すみび「まずは、ホットケーキの大きさだね。VELUDO COFFEE-KANでは、少し小さめの食べやすい大きさで焼いているんだ。その一方で、トッピングはボリューミー。フレッシュな果物や、フルーツソース、クリームなどがふんだんに乗っていて、見た目にも華やか。ブラッシュアップされた見た目とおいしさを楽しめるよ」

麗子「わあ、おいしそう! 手のひらに収まるくらいの大きさだから、トッピングをたっぷりつけながら食べることができるわ」

すみび「そう、ホットケーキ自体のおいしさはそのままに、さらに贅沢に味わえるんだ」

麗子「渋谷へ行った時は、必ず食べたいわ!」

珈琲館のこだわりを継承しながら、たっぷりのシロップやトッピングで新しい魅力も提案している、VELUDO COFFEE-KANオリジナルのトラディショナルホットケーキ。渋谷へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 

お近くのお店はこちらからお探しください!

店舗検索ページ

 

イラスト:えーちー